なぜ、JSC CHIBAの新しいドリブル指導法は、相手が反応できない“キレのあるフェイント”や、“素早い状況判断の出来る選手”を育て、『チームの得点力』をアップさせるのか?

サッカー経験が1年以上の中級者に、初級者と同じ練習内容を与え続けていては、ステップアップは時出来ません。

でも、どんな練習をすればいいの…?

ジュニア指導歴25年、1,500人を超える子どもたちを指導したJSC CHIBA代表 U-12監督「川島和彦(かわしまかずひこ)」が子供たちをメキメキ上達させる「ドリブル指導の極意」を遂に公開!

“1,500人以上の子どもを指導してわかった”試合で活躍できる選手を育てる「サッカー指導の秘訣」とは…?

■出演者について

川島和彦 プロフィール
JSC CHIBA 代表、U-12監督、JFA公認 C級コーチ

25年に渡り、JSC CHIBAにて約1,500人を超える子どもたちを指導する。

特に、そのドリブル指導法は全国のクラブチームから注目されており、これまでに週刊サッカーマガジン、ジュニアサッカーマガジンをはじめとする数多くのサッカー誌に、そのドリブル指導のノウハウが特集される。

地元、千葉県だけでなく、青森・岩手・茨城、富山県、滋賀県、新潟県などでも指導を行い、 活躍のフィールドを全国に広げている。

【主な実績】
・第36回全日本少年サッカー大会 ベスト8
・バーモントカップ 第22回全日本少年フットサル大会 千葉県代表

【出演メディア】
週刊サッカーマガジン、ジュニアサッカーマガジンなど、サッカー誌多数



お知らせLIST
IMG_9644

【18%OFF】 【サッカー】わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブルトレーニング 中級編 フルセット-その他